So-net無料ブログ作成
検索選択

True Image、ATOKの新製品 [日記など]

 OnlyLoveが使用しているソフトの新バージョン、Acronisのバックアップソフト「Acronis True Image 11 Home」とJUSTSYSTEMの日本語入力システム「ATOK 2008」が昨日、今日と立て続けに発表されました。

 「Acronis True Image」(写真は現行バージョンのもの)は、スケジュールを設定し、毎週水曜と土曜にシステムのバックアップを行い、万が一のトラブルに対応しています。先頃行ったHDDからハイブリッドHDD(ハイブリッドHDD「ST9808212AS」を試す)への換装の際には、システムの移行で「Acronis True Image」が使用できなかったのはちょっと残念でしたが、安心と時間を買っていると思えば安いものです。仕事で使っているMy VAIO「VGN-C90S」は特に。(※移行後にNVキャッシュを有効にできなかったため)

 新バージョンの「Acronis True Image 11 Home」では、システムパーティションを一時的に保護して、新しいアプリケーションやドライバのインストールの際に役立つ “試用モード” 機能を追加。試した結果「必要ない」と判断した場合、システムに加えられた変更を破棄して試用モード開始前の状態に戻せます。完全に削除できなかったファイルやフォルダによってシステムが汚されることがなく、スッキリ使用できます。また、試用モードで電子メールの添付ファイルを開けば、添付ファイルが悪質なプログラムだった場合にも被害を防ぐことができ安心です。このほか、ユーザーインターフェイスを刷新し、初心者ユーザーにも簡単に使えるように改良されたり、バックアップしたイメージを暗号化もできるなど、より便利に進化しているようです。発売は2008-01-25(金)、通常パッケージ10,290円、バージョンアップ版5,775円、アップグレード/乗換版7,140円などとなっています。現行の「Acronis True Image 10 Home」は、無償バージョンアップキャンペーンにより、「Acronis True Image 11 Home」へとバージョンアップが可能となっています。

 「ATOK」(写真は現行バージョンのもの)は、定評ある日本語入力システム。変換能力が高く、入力効率が良いため日本語入力に最適です。一般的なユーザーであれば、お金を出す価値のある日本語入力システムです。

 さて、本格的に「ATOK」を使い始めたのがMy VAIO「VGN-C90S」からのOnlyLove。“タイプ数が命” といっても過言ではないOnlyLoveにとっては、入力支援の仕様とアルゴリズム、タイプする内容がマッチせず、以前の環境で使用していた「Japanist」に比べて、処理量が大きく劣る結果となっています。単語登録で地道にカバーしていくことのできるものもありますが、仕様でどうしても「Japanist」に及ばないものがあるため、同じ感覚に持っていくことは不可能だと思っています。

 「ATOK」の場合、OnlyLoveが欲する “超高速&超高効率、日英混合もOK” というより、“日本語を的確に効率良く” を狙ってバージョンアップを繰り返していると思われ、今回も変換精度や訂正機能などを改良するとともに、Web上のデータを参照する機能を追加し、日本語入力を便利なものに向上させています。発売は2008-02-08(金)、通常パッケージ8,000円、登録ユーザー向けのAAA優待版5,250円などとなっています。

 「Acronis True Image 11 Home」は検討、「ATOK 2008」は見送りかな?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。